愛犬のしぐさ、意外なきもち

野生のわんこは、固りで生活し、団結して獲物を引っ捕え、一群内の社会的順位につき従って獲物を分け合って食べていました。

獲物を毎日掴まえられるとは限らないので、一気にとても沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。人間と同じで、ドッグにも栄養のバランスはとても深刻なことで、ドッグフードの質においては値段だけで決まるわけではなく、高価だから品質が良い、格安だから危ない、というわけではありません。

飼い主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどの程度入っているかを認知しておかなくてはいけません。

ねこにごはんをあげても食べずに、砂をかけるような動作をしてばらまきます。ゴハンが好きじゃないの?と悩んでしまいますが、これはネコの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。ニャンニャン同士にも相性があります。
野生のネコの場合は島が弘大なので、好みじゃない相手がいれば接触を掻い潜れられますが、限られた空間で遣っている室内飼いにゃんこの場合はそんなに上手くいきません。犬は人につき、ねこは住居につくと言い渡されていますが、これはにゃんこが自分の領分を何より大切にし、環境の変化を嫌いなことを書き表した言葉です。
ねここの性合は、野生時代から養われた決りです。

健康状態が悪いわけでも、外囲が変化したわけでもないのに大好物を突然食べなくなるケースも往々にして到来することがあります。

ねんねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では常に同じ獲物に出会うとは限らないので、時々違う食べ物を要することもあります。

わんこが病気と判明したときは、その症状の改善法や進行を遅らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。

これは債務ではありませんが、ワンワンに長く生きてほしいと考えているなら、特別療法食を与えることが現在のところ疑いようのない選択です。
簇で毎日を送る犬にとって飼い主はリーダーですが、本来単独で毎日を送るニャンコにはそのような認識はありません。

猫にとってか飼い主とは、ひと言でいえば、種々のことをしてくれる楽な?同居人という気持でしょうか。
野生では力のない動物は先に敵の食い物となるため、患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場所に隠れて治りを待ちます。この特性はニャンニャンももっており、具合が悪くなると縁の下や物置などに身を押しかくすのでしょう。イヌのおもちゃの大部分は、飼い主が留守の時に与えてしまうと危険性をともないます。

とりわけ布製のおもちゃは、軽軽破損してしまい、イヌだけの環境の中であげてしまうと、食べるつもりがなくても気が付いたら飲み込んでしまうことがあります。ねんねこは根本的に自分の都合で触られるのを好き好むので、うんざりするほどなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好き好むにゃんにゃんでも、執拗にされるとコミュニケーション嫌いになってしまうことがあるので、なで方のポイントをおさえておきましょう。

わんちゃんたちには住居を選んだり、食べたいものを選んだり、したいことを好きな時間にするなどの自由が一切ありません。
飼い主さんに出来ることは、ことばの話せないワンワンの身になって人生をやり遂げさせてあげることが大切です。夕ぐれや夜夜中になると部屋中を凄まじいスピードで駆けずり回ったり家具の上に駆け乗ったりする猫はすくなくありません。ストレスや運動不足からおきる怪奇な行動ではと不安に思う方もいると思いますが、これは多くのにゃんこに見られるごく自然な行為です。

慌ただしいときに限ってというのは人間意見で、キャットにはそんなつもりは全くありません。

落ち着かない様子で走り回る飼い主の足に狩る本能が掻き乱されて、ついべたべたしたり、食らいついたりしてしまっただけのことです。

ねこは種々の面様や動き、ボディーランゲージを利用して、吾輩に呼掛けています。ニャンコとの接触を楽しむために、にゃん語をきちんと汲み取りましょう。

トイプードルの餌はもう悩まない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。