飼い主になって気づいたペットの話

わんこたちには住家を選んだり、食べる物を選んだり、トライしたいことをいつでも好きな時にするなどの自由が全くありません。
飼い主さんに出来ることは、言葉に出すことができないわんちゃんの身になって一生を成しとげ指せてあげることが大事です。
ねんねこ同士にも相性があります。
野生の猫の場合は版図が広いので、好みじゃない相手がいれば接触を免れますが、限られた空間で過ごす室内飼いニャンコの場合はそうもいかないのです。
健康状態が悪いワケでも、事情が変わったワケでもないのに大好物をパタリと食べなくなるケースも時としてやってきます。
猫は食べ物にこだわりが強いものですが、自然界ではいつも同じ獲物に出っ交すとは限らないので、往々にして違う食べ物を求めることもあります。
ネコは本質的に自分の都合で触られるのを求めるので、うんざりするほどなでられるのを嫌がります。
また、触られるのを欲するキャットでも、いやと言うほどされるとコミュニケイションを取りたくなくなってしまうので、なで方のポイントを抑えておきましょう。
ねこは色々な顔つきや態度、ボディーランゲージを以て、僕たちに話しかけています。
ニャンニャンとの伝達を楽しむために、にゃんにゃん語きちんと解ってあげましょう。
いぬは人につき、ニャンコは家処につくと言われますが、これはねんねこが自分の版図を何よりも大事にし、環境の変転を受け入れられないことを書き表した言葉です。
猫のこの性合は、野生時代から育まれた規則です。
野生のワンコは、一叢で生活し、共同で獲物を取っ捕まえ、大勢内の社会的順位に奉じて獲物を振り分けて食べていました。
獲物を毎日引っ捕えられるとは限らないので、いっきにとても多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。
イヌが病気にかかってしまったときは、その状態の改善策や進行ぐあいを遅らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与え続けることが必要となるでしょう。
これはオブリゲイションではありませんが、犬に健やかに長生きして欲しいと考えているなら、特別療法食を与えることが現在の状態では疑いようのない選択です。
ニンゲンと同じで、わんちゃんにも栄養のバランスは実に深刻で、ドッグフードの品質は価格だけで選ぶワケではなく、高いからクォリティーが良い、低価格だから悪い、というワケではありません。
飼い主さんはそのフードのなかに、どんなものがどの位入っているかをわかっておかなくてはいけません。
慌ただしいときに限ってというのはニンゲン所感で、ニャンニャンにはそんなつもりはまるでありません。
忙しく走り回る飼い主の足に狩る本能が揺さぶられて、ついまつわりついたり、アプローチしたりしてしまっただけのことです。
野生ではゲンキがない動物は逸早く敵の的となるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な処に隠れて治癒を待ちます。
この固有性はにゃんこももっており、体調が悪くなると縁の下や物置などに身を押しかくすのでしょう。
日暮れや深更になると部屋中を激しいスピードで跳ねまわったり家具の上に駆け乗ったりするニャンコはすくなくありません。
ストレスや運動不足が素因の異常な行為ではと気にかける方もいると思いますが、これは多くのにゃんにゃんに見られるごく自然な行為です。
イヌのお持ちゃのほとんどは、飼主がいないときに与えてしまうと危険をともないます。
特に布で出来ているお持ちゃは、楽楽?破損してしまい、ワンワンだけの環境のなかで与えてしまうと、食べる気がなくてもなんなく飲み込んでしまうことがあります。
群れで活動するわんわんにとって飼主はリーダーですが、本来単独で生活するねんねこにはそういう認識はありません。
ねんねこにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、多種イロイロなことをしてくれる気安い同居人という気持でしょうか。
ニャンニャンにごはんをあたえても食べずに、砂をかけるような仕種をして散らかす。
ゴハンが好みじゃないの?と気づかってしまいますが、これは猫の本能による行動で、この固有性は排泄物だけでなく、類似しているニオイに対しても現れるのです。

ロシアンブルー 餌 子猫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。