ペットが元気でいるためには?

野生ではゲンキがない動物はいち早く敵の食い物となるため、物病みやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全なところに隠れて快復を待ちます。この固有性はニャンコももっており、加減が悪くなると縁の下や物置などに身を秘し隠すのでしょう。いぬのお持ちゃの大概は、飼い主が留守の時に与えてしまうと非常に危ないです。中でも布製のお持ちゃは、難無く破壊してしまい、イヌだけの環境の中で渡してしまうと、食べる気がない場合でも誤って飲み込んでしまうことがあります。夕暮や夜中になると部屋中を荒々しいスピードで駆けまわったり家具の上に飛び上がったりするネコはすくなくありません。ストレスや運動不足からおこる異常な行いではと不安(時には解消する方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)がみつけられないこともあるかもしれません)に思う方もいると思いますが、これは多くのねこに見られるごく自然な行為です。野生のわんちゃんは、一群で生活し、共力して獲物を取っ捕まえ、大勢内の社会的順位に則して獲物を分けて食べていました。獲物を毎日掴まえられるとは限らないので、一度に大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。慌だしいときに限ってと言うのは飼主所感で、猫にはそんなつもりは全くありません。せわしく歩きまわる飼い主の足に遊猟本能が掻き乱されて、ついついて回ったり、抱きついたりしてしまっただけのことです。ネコ同士にも相性があります。野生の猫の場合は勢力範囲が幅広いので、受け入れられない相手がいれば接することを掻い潜れられますが、限られた空間で遣っている室内飼いネコの場合はそんなにうまくいきません。ネコにフードをあげても食べずに、砂をかけるような振る舞いをして散らかしてしまう。ごはんが気に食わないの?と気になってしまいますが、これはニャンコの本能による行動で、この特異性は排泄物だけでなく、ほぼ同じニオイに対しても現れるのです。ワンコ立ちには住居を選んだり、好みの食べ物を選んだり、してみたいことを好きなときにするなどの自由(自分ですることの責任をとれることをいうのかもしれませんね)が全くありません。飼い主さんに出来ることは、言葉に出せないワンワンの身になって人生を果たさせてあげることが大事です。犬が病気にかかっ立ときは、その症状の改善方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)や進行を繰り延べるためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必要となります。これはオブリゲイションではありませんが、ワンワンに長く生きて欲しいと考えているならば、特別療法食を与えることが現状では最も良い選択です。ひとと同じで、わんわんにも栄養のバランスはきわめて重要で、ドッグフードのクオリティは値段だけで選ばれる訳ではなく、高いから質が良い、低価格だから危ない、という訳ではありません。飼い主さんはそのフードのなかに、どんなものがどれほど入っているかをよく見ておかなくてはいけません。

メインクーンが健康でいられる餌はこちら